既婚女性が転職することについて。

女性の転職事情というものは最近かわりつつあります。会社側も福利厚生を充実させる意味で、たとえ子育てにいそがしい人であってもそれがネックとなって採用をみおくるといったことはなくなってきているのです。むしろ、子育て経験をビジネスにいかしてほしいと考えるようになっています。これはチャンスととらえてください。たとえば、女性むけのビジネスがさかんなのでそのような業界をめざすことで、自分の性別が強みになります。また、転職をするにしてもそのような業界であれば今後もはたらきやすくなる可能性のほうが高くなるのです。ですから、まずは自分のキャリアを把握するようにして、どのような業界であれば自分らしく働けるかを考えてください。